アクセサリーの手入れ

アクセサリーの手入れ

             
暮し生活のアイディア
 暮し生活のアイディア トップページ > 衣類・小物類の手入れにひと工夫 > アクセサリーの手入れ
 このページは「暮し生活のアイディア」という名まえのホームページです。
わたしたちが、毎日なにげなしにやっていることも、ひと工夫すれば思いのほか早く確実にできたり、
ずっと長持ちしたり、きれいになったり、楽しくなったり、また、家族や友だちに喜んでもらえたりすることが
たくさんありますが、そんな日々の暮し生活の中で使えるほんの小さなアイディアをここでご紹介したいと思います。

アクセサリーの手入れ〜アクセサリー〜衣類・小物類の手入れにひと工夫

abc
ー スポンサードリンク −

アクセサリーの手入れ
 【アクセサリーの手入れ】
・金や銀、プラチナ製のアクセサリーが汚れてきたら、やわらかい歯ブラシかガーゼ
 のようなものに練り歯磨きをつけて磨きます。
 あとはお湯の中ですすげばきれいになります。
・プラスチックやガラス製のアクセサリーが汚れてきたら、中性洗剤を溶かした
 ぬるま湯に浸けて、やわらかい歯ブラシで汚れを軽くこすります。
 あとは水ですすげばきれいになります。
・ネックレスやペンダントの細いチェーンは、細ければ細いほどからまりやすくなり
 ますが、このようなときは手で暖めてみます。
 チェーンが暖まると滑りがよくなってほぐれやすくなります。
 それでもほぐれないときは、タルカムパウダーあるいはベビーパウダーをたたき
 つけます。
 パウダーでも効果があらわれないようなら、油をはじく紙を広げてサラダ油を
 たらし、そこにチェーンの結び目を浸します。
 そのチェーンを竹串のようなものでほぐすとそのうち滑らかにほどけるはずです。
 あとはサラダ油を丁寧に拭い取っておきます。
・イヤリングやネックレスなどのアクセサリーをつけると、アレルギー反応により
 皮膚炎を起こす場合があります。
 これは、アクセサリーの金属部分が皮膚に触れることで起こるわけですが、
 このようなときは、金属部分に透明マニキュアを塗ってみます。
 きちんとコーティングできれば症状があらわれにくいはずです。
 但し、異常がでるようならすぐに使用を中止しなければなりません。

メニュー
料理・調理のアイディア 調理機器・器具のアイディア 台所用品のアイディア
キッチンまわりのアイディア 外出時に小物を使ってひと工夫 しみ・汚れにひと工夫
衣類・小物類の手入れにひと工夫 洗濯・乾燥・アイロンがけにひと工夫 収納のときにひと工夫
身のまわりのアイディア インテリアにひと工夫

def

【索 引】

ghi
ー スポンサードリンク −
def

             

    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「暮し生活のアイディア」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 暮し生活のアイディア All Rights Reserved