天ぷら

天ぷら

             
暮し生活のアイディア
 暮し生活のアイディア トップページ > 料理・調理のアイディア > 天ぷら
 このページは「暮し生活のアイディア」という名まえのホームページです。
わたしたちが、毎日なにげなしにやっていることも、ひと工夫すれば思いのほか早く確実にできたり、
ずっと長持ちしたり、きれいになったり、楽しくなったり、また、家族や友だちに喜んでもらえたりすることが
たくさんありますが、そんな日々の暮し生活の中で使えるほんの小さなアイディアをここでご紹介したいと思います。

天ぷら〜料理〜料理・調理のアイディア

abc
ー スポンサードリンク −

天ぷら
 【天ぷら】
・カラッと揚がった天ぷらは、サクサクと美味しいものですが、カラッと揚げるため
 には、小麦粉を氷水で溶くことです。
 つまり、低温の水を使うことで小麦粉の粘りをでなくするわけです。
・天ぷらをカラッと揚げるためには、衣を粘らせないように混ぜることです。
 そのためには、冷水を加えてから菜箸で切るように一文字に混ぜます。
・天ぷらを揚げる前に、油の温度をある程度知っておく必要がありますが、その温度
 を知るためには、菜箸の先に薄い衣をつけ上から油に落としてみるとだいたい
 分かります。
 @ 衣がいったん沈んでゆっくりと浮き上がってくるようだと約150〜160℃。
   この温度は、野菜類を揚げるのに向いています。
 A 衣が途中まで沈んでから浮いてくるようだと約170〜180℃。
   この温度は、魚介類を揚げるのに向いています。
 B 衣が油の表面に落ちてすぐにはじけるようだと高過ぎるので、下がるまで
   しばらく待ちます。
・天ぷらをカラッと揚げるためには、適温を保つことが大切です。
 そのためには、一度に多量のタネを入れないことです。
 油の温度が下がって適温を保てなくなります。
 天ぷら鍋に入れるタネの量の目安は、油の表面が半分ぐらい隠れる程度まで
 です。
・天ぷらを揚げたら、カラッとさせておくために、揚げたもの同士を重ねないで、
 さぐに立てかけておきます。
 天ぷら同士を重ねてしまうと、油を吸い、また蒸気の逃げ場がなくなりベタッと
 してきます。

メニュー
料理・調理のアイディア 調理機器・器具のアイディア 台所用品のアイディア
キッチンまわりのアイディア 外出時に小物を使ってひと工夫 しみ・汚れにひと工夫
衣類・小物類の手入れにひと工夫 洗濯・乾燥・アイロンがけにひと工夫 収納のときにひと工夫
身のまわりのアイディア インテリアにひと工夫

def

【索 引】

ghi
ー スポンサードリンク −
def

             

    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「暮し生活のアイディア」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 暮し生活のアイディア All Rights Reserved